>  > お兄ちゃんに似てるを連発しないで

お兄ちゃんに似てるを連発しないで

「あー誰かに似てる思った!お兄ちゃんだ!」そんなことせっかく呼んだデリヘル嬢からいきなり言われたら、あなたならどう感じます?これが元カレとか、憧れてた先輩、とかならちょっといい気分になるかもしれませんが、思いっきり身内…じゃねえ。しかも別にブラコンとかじゃない、普通に身内としての兄貴に似てるとかって言われてもまったく嬉しくありませんよね。なんであの嬢は私に「お兄ちゃんに似てる。お兄ちゃんに似てる。」と連呼したのか、今でも全然意味がわかりません。それで何か雰囲気やらムードやらが良くなると思ったのか…。しかもプレイの合間合間に自分の兄のプロフィールを細かく教えてくるから更に腹が立ちます。兄ちゃんは数学はできたけど英語は全く駄目だったとかそんなことどうでもいいっちゅーねん!しかも私が起死回生を賭けて「本当にお兄ちゃんに触られてると思ってごらん?興奮する?」と聞いたら「いやだーーー!超キモい!絶対無理!お客さん頭おかしいんじゃない?」だって。なら、兄ちゃんに似てるとか言うなーー!!!わけわからんのじゃボケーー!!!というわけで散々なデリヘル体験でした!

バスルームで抵抗むなしく抜かれました

ホテルに入って、少しの間、恋人モードでイチャイチャしてからバスルームへ。自分で服を脱いだ後、ボディとちんこを洗ってもらいました。ここでもしっかりとイソジンとグリンス消毒的なものをしてもらってデリヘル嬢の攻撃のスタートです。泡だらけの指でちんこをソフトタッチして来ると女豹のような上目遣いでかなりエロエロですよ。バスルームで抜かれる訳にはいかないので歯を食いしばって耐えますけど、フェラチオも加わって手コキと、さらには肛門攻めまで始まってしまって、女の子はもう抜く気満々ですから、敢えなくザーメン大発射となりました。あまりに大量なので、女の子の口元からザーメンがしたたり落ちるのがなんとも言えずにエロチックでしたよ。それからベッドに入ると恋人モードが全開です。まずは私から攻撃するのですけど、さっきの仕返しとばかりにM字にして、恥ずかしいかっこうのままおまんこクンニで、ちょっぴりきついおまんこ臭を堪能しました。

[ 2015-10-02 ]

カテゴリ: 風俗体験談